井原西鶴墓

西鶴は近松・芭蕉と並んで元禄文化の花を咲かせた西鶴は、住吉大社で一昼夜23,500句を詠む才能の持ち主でした。墓は幸田露伴らが境内の無縁墓におしこめられていたのを見つけたのがてがかりとなりました。

このウィンドウを閉じる